悩み無用!

男の性の悩みの一つは精力減退と不能

男の性の悩みの一つは精力減退と不能

人間は若いときにはいろいろなことに対するエネルギーが満ち溢れているものですが、年を重ねるにつれて精神的に落ち着いてくるとともに体力的にも衰えていくことは避けられないでしょう。
そしてそれは性に関することも例外ではありません。
男の場合、ある程度の年齢になっていくると持つことになる悩みの一つに精力の減退と不能があります。
いつまでも夫婦生活を営みたいという精神的な欲求があったとしても、体の方がついてゆかず、ついにはセックスレスになることについて悩みを抱える人もいるでしょう。
どの年齢になって性に関する精力減退が発生するのかは人によって違いがありますが、減退を感じた時のショックは大きいでしょう。
人生で一度しかない経験でもありますから、当初は気持ちも混乱するかもしれませんし、ショックで体調を崩すかもしれません。
それでも時間の経過とともに事実を受け入れて冷静になることができるはずです。
精力が減退したとしても、射精を伴わないスキンシップの形で精神的なつながりを続けていくことは可能ですから、精力減退が起こって不能になった場合は、新たな関係を築く方向に自分の心を向けていくとショックを和らげることができるでしょう。

男性の悩みで多い包茎は改善可能

日本人男性の悩みとして多いのは、包茎だということです。
日本人はおよそ六割程度の人が、何らかのタイプの包茎だと言われています。
ですから、かなり一般的な悩みということができます。
中でも多いのが、仮性と呼ばれるタイプのものであって、これはそれほど深刻な症状だとは認められていません。
放置しておいてもまったく問題がなく、あとは見た目だけの好みになります。
露茎がいいと思っているなら、仮性でももちろんクリニックに行って手術を受けることができます。
真性やカントンと呼ばれるタイプのものは、これは性交もまともにできなくなるため、早期にクリニックに行って治療をしてもらうのがいいでしょう。
包茎の治療は基本的には皮を切除して、物理的に治してしまうことが多いです。
そうしなければ、余った皮は基本どうすることもできないからです。
真性やカントンであるなら、自力で仮性までは持っていくことができるのですが、雁首の下にマフラー状に皮が集まってしまって不格好なので、できれば手術をしておきたいという人が多いです。
亀頭が露出していないと、先細りになったり、早漏になってしまったりということがあるので、若いうちに治療を施しておくのがベストです。

注目サイト

パンフレット 作成
サッカーユニフォーム オーダー

Last update:2018/6/7

 

 

 

『包茎』 最新ツイート

@clearasahi26

これらの問題は、仮性包茎と同様にカントン包茎にも存在します。 さらに、性交渉により意図せず包皮が反転し、亀頭が鬱血状態に陥ってしまう危険もあり、その恐怖から消極的になってしまうなどの問題もあります。 このように、カントン包茎の場合は仮性包茎よりもさらに性生活に対するリスクが高まる

3分前 - 2018年07月20日


@ra_ran2k

絡み求。 包茎でも剥けててもどっちでもいいからおちんちん貸してください笑 ヾ(o´∀`o)ノ♪ #仲良くしてあげてもいいよって人RT #通話相手募集 #らぶりつお願いします #オナサポ #オナニー #無修正 #裏垢女子

3分前 - 2018年07月20日


@ta__n_m

えろえろなう 包茎でも剥けててもどっちでもいいからおちんちん貸してください笑 o┤*´Д`*├o #女子大生 #オフ会 #通話相手募集中 #裏垢女子 #エロ垢 #オナ電

4分前 - 2018年07月20日


 

* Copyright(C) *

2015 悩み無用!

All rights reserved.