悩み無用!

男の性の悩みの一つは精力減退と不能

カントン包茎とは真性と仮性の間の状態を言います

カントン包茎というのは、陰茎を包む皮の入り口のところが狭くなっていて、勃起しても剥けない状態のことを指しています。
平常時には剥ける点が、真性包茎とは違っている点です。
日本人には比較的多くて、皮を伸ばしていく作業が必要になります。
自分である程度は改善をさせることはできますが、その場合には仮性包茎にはなることができますが、完全に通常時も露茎させようと思うなら、それはもう病院に行って余った皮を切除してもらう以外にありません。
ただ、仮性ならそのままにしておく男性も多いです。
カントン状態のままで長期的に放置しておくと、皮が癒着して手術が困難になるケースも見受けられますから、できるだけ早期に対応を取る必要があるとされています。
内部までしっかり洗えないので臭いますし、勃起時にコンドームを着用できなくなるので困ることが多いです。
手術をすれば簡単に治療は可能ですから、近くのクリニックに相談してみるといいでしょう。

カントン包茎の特徴と治療について

カントン包茎は、亀頭が包皮に覆われている事や勃起時に亀頭を露出させようとすると締め付け等の違和感を感じるといった特徴があります。
仮性包茎と異なり、無理に亀頭を露出すると元に戻らなくなる場合がある事から自己判断での治療ではなく、病院で診察や治療を受ける必要があります。
症状によっては、カントン包茎のままでも性交渉を行う事は可能となっていますが、性病の感染率が高くなっている事や満足する事の出来る性交渉が出来ないといったデメリットがある事で完治させる事が大切となっています。
カントン包茎の治療では、亀頭直下埋没法を多くの病院で行っています。
包茎の原因となっている余分な包皮を切除し、亀頭の淵で縫い合わせてる方法となっています。
亀頭直下埋没法のメリットとしては、目立ちにくい箇所で縫合する事で手術跡が見えない事や亀頭と性器の境目に色の違いが出ない事で周りの方に手術を受けた事を知られる心配がないといった点が挙げられます。

check

海洋散骨をする
http://ginga-net.com/plan/ocean/

2015/12/22 更新

悩み無用!

男の性の悩みの一つは精力減退と不能

 

 

 

『包茎 カントン』 最新ツイート

@kim_jong_wu

身体を横にして鏡に映すと、前垂れを持ち上げて、ピラミッドがそこにあったニダ。「小生の越中一本のへんずりニダ」声に出して言うニダ。「男はやっぱへんずりニダ」やおら前袋の脇から、カントン包茎テポドンを取り出し、手にオイルをたっぷり取り、逆手で亀頭をこね回すニダ

31分前 - 2018年07月21日


@HG39_n

だれがカントン包茎じゃ!!!!!!

1時間前 - 2018年07月21日


 

* Copyright(C) *

2015 悩み無用!

All rights reserved.