悩み無用!

男の性の悩みの一つは精力減退と不能

最も多い仮性包茎の特徴やデメリットとは?

包茎の中で最も多いとされている仮性包茎は、通常時には亀頭が皮で覆われていて露出をしていないといった特徴があります。
また、勃起時や性交渉を行う際には、痛みや違和感を感じる事なく皮を剥き亀頭を露出する事が可能となっています。
仮性包茎のまま放置する男性は多くいますが、放置する事で引き起こるデメリットが複数ある事で治療する事が推奨されています。
放置するデメリットとして、亀頭が露出していない事から包皮内やカリ部分が蒸れやすくなっている事で恥垢が溜まりやすく、清潔に保つ事が出来ない事で悪臭を放つ場合が多くなっているといった点が挙げられます。
また、通気性が悪い事で細菌が増殖しやすい環境となっている事で性病に感染する確率が高くなっている事も仮性包茎の特徴となっています。
普段は皮で覆われている事から刺激に弱く、早漏気味になってしまう事で満足する性交渉を行う事が出来ない事からコンプレックスに感じる方も多くいます。

真性包茎による弊害と処置の注意点

男性の性器は成人になると通常は包皮が後退して、性器の先端が常に露出した状態になります。
その一方で個人の体質によっては包皮が余り、性器が覆われている状態になっていることがあります。
医学的に包茎と称される状態が続くと尿や精液などの汚れが蓄積して不潔な状態になってしまうことから、速やかに処置を行って改善させることが大切です。
包茎の多くは人為的に包皮を後退できる仮性包茎ですが、稀に後退が出来ずに包皮がそのまま留まってしまう真性包茎になっているケースもあります。
真性包茎は重篤化すると勃起の際に性器が包皮に締め付けられて痛みを感じたり、排尿や射精に悪影響が及んでしまうことがあります。
生活に支障をきたしてしまうことがあるので必ず医療機関で包皮を除去する手術を受けるように心がけます。
医療機関での手術は単に包皮を除去するだけではなく、処置を施した後の性器の状態を良好に保つことが重要なので、術後のアフターケアが充実している所を利用することが性器の健康を保つための心得です。

Last update:2015/12/22

 

 

 

『包茎 仮性』 最新ツイート

@dondoko_senshi

@no_more_wet 仮性包茎でちんこの小さい20歳元彼だ え?兄弟ですか?

12分前 - 2018年11月15日


 

* Copyright(C) *

2015 悩み無用!

All rights reserved.