悩み無用!

男の性の悩みの一つは精力減退と不能

包茎の手術を受ける場合には

包茎によって困っている場合には手術によって切除をすることで、改善することが可能になっています。
泌尿器科や専門のクリニックで取り扱っているので、まずは診察を受けて医師に相談をすると良いでしょう。
包茎には種類が存在しており、仮性、真性、カントンと状態によって異なっています。
真性とカントンの場合には炎症を起こしてしまったり、包皮によって射精しても精子が届かなくて不妊の原因なるなど、色々と問題も発生することがあります。
そうしたことを防ぐために真性とカントンで泌尿器で手術を受ける場合には保険の適用対象になります。
仕上がりの美しさを重視してクリニックで手術を受ける場合や、性生活の悩みやコンプレックスが理由で仮性包茎を改善したい場合には適用外なので注意が必要です。
症状を改善することが目的の場合には保険適用で費用が掛からない泌尿器科、自然な仕上がりや傷跡が気になる場合には専門のクリニックが最適だといえます。

包茎は自力である程度改善させることは可能

真性やカントンといったタイプの包茎であれば、ある程度は自分で改善させることはできます。
具体的に言えば、これらの症状は皮が狭いだけなので、それを伸ばしてやるだけで仮性には持っていくことができるのです。
ただし、皮は切除しない限りはその場についたままになるので、露茎になることはありません。
露茎になろうと思えば、美容外科に行って、余った皮を外科的に切除してもらう以外にはないでしょう。
ただ、無理に露茎を目指さなくても、仮性であれば異性との性行為も問題なくできるので大丈夫です。
仮性なら日本にたくさんの数が存在しているので、あまり気にする必要もないのです。
ただ、真性やカントンといったタイプの包茎は、問題が大有りですから改善策は早期にとるのが理想です。
皮は毎日自分で少しずつ伸ばしていけば大丈夫です。
お風呂に入っているときには皮が伸びやすくなっているので、剥く練習をしておくといいでしょう。
だいたい半年程度の時間があれば、改善も見られます。

最終更新日:2016/5/26

 

 

 

『包茎 手術』 最新ツイート

 

* Copyright(C) *

2015 悩み無用!

All rights reserved.